2017年5月



5月14日


問い合わせ:


初級「カープ勝った?」

中級「誰に勝ちついた?」

上級「自責何点?」









5月16日


【日経DUAL】中田敦彦 “一家の大黒柱”という考え方は良くない
http://dual.nikkei.co.jp/article.aspx?id=8745&n_cid=DUALTW03


夫婦関係を円満に続けていく秘訣を描いた漫画に「これ大事」「人間関係全てに使える」 - Togetterまとめ
https://togetter.com/li/1111223







5月21日

同棲して1年経ちました。

関係はとても良好です。
生理前さえ気をつければ大丈夫。

食器洗い乾燥機は便利。
これは僕の希望で入居時に買いました。
お金をかけて時間を節約したほうがいいですよ。
ドライヤーも最高出力のものを買った。乾くの早い。

家事や気配りは相手をあてにしないので
してもらって嬉しかったり感謝したりできます。僕の場合。
ある程度他人行儀だからこそ、やってくれて当然だと思わないし、
自分もしなきゃなと思えます。

料理も作る時間とか体力がなければ外食でいいと心構えています。
普段節約している分そういうときにお金を使うつもりでいると楽。







5月23日

家計簿をつけるのは僕。

県北なので冬の光熱費は夏の6割増し。

食費は2人で2万円は切れない。
僕のお弁当に冷凍食品を買うのでね。
そこまでがんばる気はない。

2人だと野菜を使い切るのが難しい。
キャベツ1個買っても最後のほうは傷む間際。

ほうれん草はたくさん使うときは生、
少量使うときは冷凍食品のもの。

僕が嫌いな野菜を出さないでくれてありがとう。







5月25日

妻の野球力が目覚ましい。
分からない語句やプレーの説明を僕がする。

妻はカピバラ三兄弟が好きなのに、
以前僕が「中継ぎは大瀬良に代えるか」と話すと
妻は「昨日打たれた大瀬良に行かせるべきではない」
と言い、活躍よりも勝利を優先するガチ勢だと思いました。

「ベイスターズの打順が昨日と違う」と言われたときは、
この人僕よりも真剣に野球を観ていると思いました。

「ポイントを前にして打つとは?」
「エンタイトルとは?」
「なぜ2リーグ制になった?」

質問のレベルが上がってきて困る。







5月26日

僕が4年働いていた書店に作家として挨拶。
自作のPOPをビジネス書担当者の方に渡す。
平積みにしてもらえる!

みんな僕を憶えてくれていて嬉しかったです。
書店員なので本の内容よりも「どこの出版社から?」と訊かれ、
「実業之日本社です」「大きいじゃーん」と言われる。

僕は自分の漫画作品にシュリンク(ビニール)をかけるのが夢なんですが、
それはまだ先になりましたが、いつか必ずや。







5月31日





6月1日に僕の本『できない自分を認める力』が発売です。

発売1週間前に献本分10冊(無料)が届きました。

明日本当にこれが書店で売られているのか?
という実感のなさです。





戻る
inserted by FC2 system